妊活中の食べ物はどうしたらいいの?効果的な食材を教えます

妊活をされている人の多くが気にされているのは、毎日の食事です。

 

1日3回の食事に気を遣って健康をキープする事で、妊娠しやすい体作りにもつながってきます。

 

そこで、今回は妊活中に摂るべき食材について紹介します。

 

まず基本となるのは、バランスの取れた食事をすることです。

 

栄養素を偏りなく摂る事によって、妊活に適した食生活になります。

 

しかも、毎日きちんと3食を取り、できるだけ決まった時間に食べるなど、正しい食習慣を身に着けることが重要です。

 

それを踏まえて、これから解説する「妊娠しやすい体作りに効果的な食材や栄養素」を積極的に取る事をおすすめします。

 

妊活に推奨の食品とは何でしょうか?

 

当然の事ですが、「これを食べれば絶対妊娠する!」という食べ物はありません。

 

ただ、妊活に良い食品を摂る事で、妊娠しやすい体作りをサポートしてくれるはずです。

 

ここで、妊活に良いおすすめの食材・栄養素をお教えします。

 

まずは、ビタミンEです。

 

ビタミンEは、抗酸化作用を持つ代表的な栄養成分で、酸化によるからだの老化や動脈硬化などの生活習慣病を予防するビタミンです。

 

アーモンド、くるみ、カシューナッツなどのナッツ類や、かぼちゃ・ホウレンソウなどの緑黄色野菜などに多く含まれています。

 

 

次は、亜鉛です。

 

亜鉛には、新陳代謝の促進やエネルギー代謝、免疫力アップなど、体内の色々な働きをバックアップする効果があります。

 

亜鉛不足に陥ると、味覚障害や脱毛などの症状が現れるほか、性機能が低下する恐れもあります。

 

精子の運動や活性化にも亜鉛が関与しており、不足すると精子の運動率の低下を引き起こすため、特に妊活中の男性には積極的に摂取してもらいたいミネラルです。

 

亜鉛は、牡蠣、豚レバー、納豆、高野豆腐などに多く含まれています。

 

 

葉酸も、妊活には大事な栄養素です。

 

妊娠初期に欠かせない栄養素として知られる葉酸ですが、妊活中にもイチ押しの栄養素です。

 

妊娠の超初期には自身で妊娠していることに気付かない事があり、妊娠に気付いてからあわてて葉酸を摂取しようとすると、摂取できない空白期間が生じる可能性があります。

 

そのため、妊活中から葉酸を摂取する事がおすすめです。

 

葉酸はサプリメントから手軽に摂取できますが、枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガスなどにも多く含まれています。

 

 

 

 

ぜひこれらの食材を積極的に食べて、バランスの取れた食生活を心がけてくださいね。